印鑑は結婚祝いに最適

のし結婚祝いに何を贈るか、悩む人も多いでしょう。結婚祝いは新郎・新婦の必要に適うものでなければいけないのはもちろんのこと、他の人が贈るものと重複しないようにしなくてはなりません。その点、結婚祝いとして適しているのは、印鑑です。印鑑は新婚家庭に必要なものでありながら、結婚祝いとして贈る人はそれほど多くありません。

印鑑が新婚家庭の必要に適うのは、まず女性は結婚すると名字が変わるため、名字を入れた印鑑が使えなくなるからです。また男性も、独身時代にきちんとした印鑑を持っている人はそう多くはありません。印鑑は契約や家計を支える大切なものです。新婦にとっても新郎にとっても、結婚を機に長く使える良質なものを揃えることは必要です。

印鑑を選ぶ際には、まずは強度、耐久性、耐火性に優れていることを重視しましょう。人気なのはチタンですが、黒水牛、牛角、琥珀なども適しています。また書体やサイズも、一般的なものの中から選びましょう。印鑑は、贈り主の立場も考慮しなくてはいけません。大切な実印や銀行印はご両親など身近な人が贈るのに、ご友人なら認め印を贈るのが適しています。

当サイトでは、印鑑が結婚祝いとしてなぜ適しているのか、およびどのような印鑑を贈ればいいのかについて詳しく紹介しています。印鑑は長く使うものですから、贈られた人にとっては、贈り主の気持ちを末永く感じられるものになるでしょう。当サイトが、結婚祝いに何を贈ればよいのか迷っている方の参考になりましたら幸いです。

Pocket