印鑑の選び方

印鑑には多くの種類があります。よい材質を使った印鑑は、一生使えるものになります。結婚祝いで贈る印鑑は、長く使えるきちんとしたものを選びましょう。

ハンコの種類印鑑を選ぶのにまず大切なのは、材質です。強度、耐久性、耐火性に優れたものほど長く使うことができますが、その分価格も高くなります。人気があるのは捺印性にも優れているチタンです。黒水牛、牛角(オランダ水牛)、琥珀なども耐久性は十分です。また書体も印鑑を選ぶポイントです。個人の実印には篆書体、銀行印には太枠篆書体、認め印には隷書体を使用するのが一般的です。サイズは実印なら男性用が16.5~18mm、女性用が13.5~15mm、銀行印は男性用が13.5~15mm、女性用が12~13.5mm、認め印は10.5mmが普通です

結婚祝いに印鑑を贈る際には、誰に贈るのかも考えなくてはいけません。実印や銀行印は契約や家計を支える大切なものですので、新郎・新婦のご両親などごく身近な人が贈るのに適しています。ご友人の場合には認め印を贈りましょう。また新婦の中には、結婚して名字が変わることに複雑な思いを抱く人もいます。名字の印鑑を新婦に贈る場合には、問題がないかどうかを事前に確かめるようにしましょう。

参照サイト〈https://www.inkan-direct.com/jituin/index.html
実印で水牛や琥珀の素材を取り扱っているINKAN Directです。

Pocket

結婚祝いになぜ印鑑?

印鑑結婚祝いの贈物として印鑑というと、ちょっと意外に思う人もいるかもしれません。ですが印鑑は、結婚のお祝いとして贈るのに最適なものの一つです。

その理由として上げられるのは、まず結婚すると、女性は名字が変わることです。結婚を意識している女性なら、独身時代に印鑑を作る際にも名字ではなく、名前を入れることを選びます。名前なら、結婚しても変わることがないからです。ですが多くの女性は印鑑に名前を入れていいことを知らず、名字の印鑑を作ります。ですのでその印鑑は、結婚して名字が変わると使えなくなってしまいます。

また男性も、独身時代にきちんとした印鑑を作っている人は決して多くありません。小さな三文判を、銀行印や実印としてまで使っている人もいます。ですが結婚すれば新たに銀行口座をひらいたり、家を借りたり、将来的には家を購入したりなど、印鑑を使う機会が増えます。家族を養う責任を自覚するためにも、三文判などではなく、きちんとした印鑑を使うことがやはり大切です。

このように女性にとっても男性にとっても、結婚のお祝いとして印鑑を贈られることは必要に適っています。結婚式が終わるとすぐに婚姻届の提出などの事務手続きがはじまりますので、その際に使えるよう、印鑑を贈るなら結婚して早めの時期がいいでしょう。

Pocket

印鑑は結婚祝いに最適

のし結婚祝いに何を贈るか、悩む人も多いでしょう。結婚祝いは新郎・新婦の必要に適うものでなければいけないのはもちろんのこと、他の人が贈るものと重複しないようにしなくてはなりません。その点、結婚祝いとして適しているのは、印鑑です。印鑑は新婚家庭に必要なものでありながら、結婚祝いとして贈る人はそれほど多くありません。

印鑑が新婚家庭の必要に適うのは、まず女性は結婚すると名字が変わるため、名字を入れた印鑑が使えなくなるからです。また男性も、独身時代にきちんとした印鑑を持っている人はそう多くはありません。印鑑は契約や家計を支える大切なものです。新婦にとっても新郎にとっても、結婚を機に長く使える良質なものを揃えることは必要です。

印鑑を選ぶ際には、まずは強度、耐久性、耐火性に優れていることを重視しましょう。人気なのはチタンですが、黒水牛、牛角、琥珀なども適しています。また書体やサイズも、一般的なものの中から選びましょう。印鑑は、贈り主の立場も考慮しなくてはいけません。大切な実印や銀行印はご両親など身近な人が贈るのに、ご友人なら認め印を贈るのが適しています。

当サイトでは、印鑑が結婚祝いとしてなぜ適しているのか、およびどのような印鑑を贈ればいいのかについて詳しく紹介しています。印鑑は長く使うものですから、贈られた人にとっては、贈り主の気持ちを末永く感じられるものになるでしょう。当サイトが、結婚祝いに何を贈ればよいのか迷っている方の参考になりましたら幸いです。

Pocket